鬼滅の刃まとめ

少年ジャンプに連載していた鬼滅の刃と吾峠呼世晴先生を応援する記事をまとめています。

    ★姉妹サイト★
    ワールドトリガーまとめ
    http://worldtriggermatome.ldblog.jp/
    僕のヒーローアカデミアまとめ
    http://heroacamatome.ldblog.jp/
    ワンピースまとめ
    http://onepiece.weblog.to/

    嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    69: 名無しの鬼殺隊さん
    猪之助は死亡は予想外だったな
    毒効かなかったとしても完全に致命傷
    どうにもならんだろこれ
    no title

    179: 名無しの鬼殺隊さん
    >>69
    背中のまん中刺されてるから、ギリギリ心臓はずれてそう。
    山で毒植物とか食ってそうだから、毒は耐性ありそう。

    【【鬼滅の刃】猪之助は死亡は予想外だったな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    41: 名無しの鬼殺隊さん
    今更だけど最終選別が終わった後にちゃんと「階級を刻ませていただきます」って言われてるのな
    まさか本当に体に刻んでいるとは思わなかったけど過狩り狩りの腕の番号入れ墨と同じ感じか
    no title

    42: 名無しの鬼殺隊さん
    >>41
    てっきり隊服とか手形っぽい身分証明書にかと思っていたけどマジカルな手法用いるとは思わなかった
    烏が喋る時点で大概なんだろうけど

    【【鬼滅の刃】伊之助って読み書きできないはずなのに庚は読めるんだなw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    46: 名無しの鬼殺隊さん
    なんか俺・・・・自分を見失ってた・・・・・
    no title

    47: 名無しの鬼殺隊さん
    >>46
    目が鬼みたいなのがチラホラいるな

    【【鬼滅の刃】自分を見失いそうw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7: 名無しの鬼殺隊さん
    案の定遊郭編は伊之助活躍のための章だな
    善逸は引き続き置いてきぼりというかもう炭と伊の引き立て役としてしか活用しない方向だな
    強制催眠の鬼戦で活躍させなかったんだからもう間違いない
    今回も美少女伊之助活躍したあとピンチに陥るが長男駆けつけるとかだろ
    触覚封じられてるからって言えばピンチに陥ってもsageにはならないし都合が良い
    善は存分に引き立て役こなしたらあとは気絶してれば良いし完璧な役割分担、ワニ頭良い
    no title

    9: 名無しの鬼殺隊さん
    善逸にもそれなりの見せ場が欲しいが制約がある分難しいのかなぁ・・・

    【【鬼滅の刃】伊之助君大活躍がキタ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    76: 名無しの鬼殺隊さん
    「なれません」便利すぎ問題
    no title

    95: 名無しの鬼殺隊さん
    >>76
    柱への第一歩だからな

    あたりに使うとちょっと可哀想な感じになるな

    【【鬼滅の刃】伊之助君の知力が上がってる!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    712: 名無しの鬼殺隊さん
    伊之助はあれ被ったまま遊郭界隈には入れないだろうから今回の任務では外す事になると思うけど
    出生がわからない彼にとってあの顔が唯一の手がかりだと思われるので、誰か見覚えある人がいると過去がわかっていいね
    no title

    715: 名無しの鬼殺隊さん
    >>712
    時代背景詳しくないけど伊之助が娼婦の子供ってのはあるかもしれないな

    【【鬼滅の刃】伊之助君の出生について】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    615: 名無しの鬼殺隊さん
    ちょくちょくあった伊之助が鬼の強さに憧れて鬼側にってありそうで怖かったが
    今回の炭治朗の叫び聴いてるなら無さそうで安心した。
    no title

    659: 名無しの鬼殺隊さん
    >>615
    あそこで役に立たなかった自分を恥じて、少しいろいろ考える…な方向だと良いね

    にしても、最後3ページの煉獄さんの優しいお顔が辛い

    【【鬼滅の刃】伊之助は変わるの?】の続きを読む

    このページのトップヘ