79: 名無しの鬼殺隊さん
時透家は鬼殺隊とは無縁で、たまたま無一郎くんが何かしらのきっかけ(間違いなく血なまぐさい話だろう)で入隊した説はどうだろう
煉獄家みたいに代々鬼殺隊に入る家だったなら、現柱の誰も日の呼吸について知らないのはおかしいと思うんだ
槇寿郎さんも二十一代目の炎柱が書いた手記で日の呼吸の存在を知るまで、何も知らなかったようだし
no title

80: 名無しの鬼殺隊さん
炭治郎の夢に出てきた剣士は後継ぎがいないと言われてたけど、
あれは「子供がいない」という意味ではなく、「呼吸と剣技を継ぐ者がいない」という意味だと仮定しての話ね

87: 名無しの鬼殺隊さん
無一郎ほんとに痣ない?
前髪かき上げたら出てくるんちゃうん?

89: 名無しの鬼殺隊さん
やけにゾロッとした隊服着てるし、服の下にアザが広がってたり
デコも髪で隠れててアザがあるかまだわからないし

91: 名無しの鬼殺隊さん
日の呼吸の使い手は開祖様ただ一人?
煉獄親父はなんて言ってたっけ?
no title

92: 名無しの鬼殺隊さん
戦国時代のは開祖じゃないと思うぞ 
日の呼吸が始まりの呼吸で他の呼吸はそこから発生したというんだから

96: 名無しの鬼殺隊さん
日の呼吸は、初代が上弦壱となったことで遠い昔にその呼吸自体をなかった事にされたとか?…と思ったけどそれだと煉獄の父が知ってるのもおかしいか
本にも載ってたし

97: 名無しの鬼殺隊さん
日の呼吸パワー全開になると痣が出るんだろ?霧の呼吸じゃ痣出ないだろ

110: 名無しの鬼殺隊さん
日の呼吸が戦国時代までの話じゃ200才ちょっとの珠世様が炭治郎の耳飾りに反応なかったのも納得だ
no title

198: 名無しの鬼殺隊さん
>>110
人を鬼にする試みに200年以上かけたのであって
珠世様の実年齢はそれより上
どれくらい遡るかは不明だけど

115: 名無しの鬼殺隊さん
ヨリイチ(仮)が継ぐ者がいなくて困ってたのに無一郎の先祖が日の呼吸を継承しなかったのにはそれなりの理由があるんだろ

119: 名無しの鬼殺隊さん
というか無一郎の先祖が日の呼吸継承出来なかったから継ぐ者がいなかったんじゃないの
無一郎の先祖が剣士の子供か弟だとかの家族かは知らんけど

120: 名無しの鬼殺隊さん
>>119
継承したくても適性がなくてとか(戦国時代的に)女子だからとかでできなかったならせめて日の呼吸の指南書書いてもらって子孫に伝えていきそうなものだよなあ
no title

126: 名無しの鬼殺隊さん
>>120 >>121
天才ってそんなもんだろ。
ひとつの事を極めることにだけ夢中で、伝えるとか育てるとかまるっきり興味ない

188: 名無しの鬼殺隊さん
>>120
カスミン持ってるかもよ日の呼吸の指南書
炭も水の呼吸に適正ないようだけど
それとは比べ物にならないレベルで適正ないから指南書読んだけど呼吸は使えないとか
炭が実力を認められたら読ませてもらえるかもしれない

191: 名無しの鬼殺隊さん
>>188
指南書持ってる設定だったら
エリート柱一族なのにそのこと全然知らされてない煉獄親父がピエロすぎるwww

121: 名無しの鬼殺隊さん
あの剣士そういう継承の責任感みたいなの夢の場面に限っては全然無かったよね……
no title

122: 名無しの鬼殺隊さん
道を極めた先が同じならばこそ引き継ぐ必要がないってことなんかな?

123: 名無しの鬼殺隊さん
でも後を継ぐ方がいなくて困っておられるんでしょうって炭吉が言ったのはヨリイチ(仮)から聞いててのことだろ
ヨリイチ(仮)もそこは否定しなかったし

124: 名無しの鬼殺隊さん
道を極めた先が同じでも地図を残せば後の人は近道ができるくらいの感じかなと思った

125: 名無しの鬼殺隊さん
>>124
たしかに
no title