395: 名無しの鬼殺隊さん
あの鬼のやった悪事に対しては絶対に許せないけど
兄妹の関係性については同情を示している
罪を憎んで人を憎まずと言う奴か。そう言う主人公は中々良いね
最近のジャンプには少ない系統の主人公かもしれない
no title

396: 名無しの鬼殺隊さん
>>395
炭治郎のあのバランスってかなり難しいと思う
よう描けてると思うわ

401: 名無しの鬼殺隊さん
人は嘆くとき天を仰ぐ
涙が溢れないように

これも兄の実体験か…
no title

408: 名無しの鬼殺隊さん
>>401
それ思った
梅が焼かれた時もうそうだが、それまでにも幾度となくあったんだろうな
母親でさえ子供かわいがる気配もなかったし。

417: 名無しの鬼殺隊さん
一度妹失いかけてるから命共有なんていう鬼の形になったんかのう

418: 名無しの鬼殺隊さん
炭治郎と自分重ねてたのかな、これ
鬼にならないかって聞いたのも本心っぽいなぁ
no title

422: 名無しの鬼殺隊さん
>>418
鬼いちゃんは根の根の根っ子から腐ってるわけでもなさそうなんだよな。
だったら、自分だけ良ければで妹にも自分がされたようにひどくあたってるよな
妹はかばおうとしてきたし。鬼兄のいうことは間違っているんだろうけど、境遇と合わせると自分はうなづいてしまう。

502: 名無しの鬼殺隊さん
>>418
げぇウルッと来たわ
左を見ると右の、天を仰ぐ、の下りも深いな

515: 名無しの鬼殺隊さん
>>418
これ凄いよね
炭治郎への罵りって鬼いちゃんが言われた罵りと繋がってたんだな
読み返したり一気に読まないと気が付かなさそうな所なのに、こういうセリフでしっかり繋げてくるのがたまらん

519: 名無しの鬼殺隊さん
>>515
その前に「自分がされて嫌なことはしちゃいけない」「嫌なことをされたから取り立てる」って会話もあるから
回想でそのことが示されると凄い腑に落ちるんだよね
no title

420: 名無しの鬼殺隊さん
初登場時よくいる「超高飛車でボスを慕う悪の女幹部」扱いされてたキャラクターがこんな悲惨な過去を持つ妹キャラだと誰が予想し得ただろうか

今から振り返ってみると身請けされる(=晴れて遊郭を出る)直前の鯉夏さんを食ってしまおうとしてた梅の気持ちは色々と考えさせられるよなあ

425: 名無しの鬼殺隊さん
ひとつの話が終わった後、遡って最初からその章を読み返すと初見とはまた違った感想が生まれてくるマンガだよなあ
キャラのバックグラウンドを知った後だとギャグっぽかったりメンヘラっぽかったりする奇異な発言や行動も納得できるように作り込んであるのが面白い

428: 名無しの鬼殺隊さん
>>425
3月だっけか?次の単行本が待ち遠しい。
雑誌で読んだのは単行本買わないんだけど、鬼滅は買う。もう一度通して読みたい。

432: 名無しの鬼殺隊さん
>>428
単行本でもう一度読み返すと全然印象変わってくるから是非買って読んで下さい
しのぶさんのメンヘラ発言の裏側とかホントに恐れいったわ
no title

431: 名無しの鬼殺隊さん
いいわぁ、単純に悪役のやらかしたことを許すとかそんなんじゃなく
罪は許さないし許されないが、それでもどんな相手にも最後は安らかであるように祈る
たまらんな

433: 名無しの鬼殺隊さん
牛の境遇が酷いけどカナヲもこれと同じ、それ以下な生活してたんだよな・・
no title

434: 名無しの鬼殺隊さん
ある日ぷつんと音がして、何もつらくなくなったんだもんな
この表現うまいなあって思ったわ。どんだけつらい事があったんだろうか。

この兄妹もしのぶさんの姉さんみたいな優しい人に拾われてたら、もっと別の人生あったんだろうな

435: 名無しの鬼殺隊さん
回想長そうだなしかし鬼になるやつはかわいそうなやつばっかなのかねぇ

437: 名無しの鬼殺隊さん
>>435
リア充やパリピは無惨様が鬼にしたがらないんじゃないかと
no title

438: 名無しの鬼殺隊さん
>>435
猗窩座は力を求めすぎた果てに…みたいな背景を感じさせるが
オドオドしまくりのいじめられっ子だった過去も否定できない

439: 名無しの鬼殺隊さん
>>438
廃れた武門の長男とかもあるんじゃないか

456: 名無しの鬼殺隊さん
>>438
勝てないライバルがいて、
暗黒面に、落ちたでもいい

436: 名無しの鬼殺隊さん
そういえば堕姫はねずこの火で焼かれまくってたような
トラウマ…
no title

440: 名無しの鬼殺隊さん
強い執着や怨念を持った奴ほど強力な鬼になるのかね

441: 名無しの鬼殺隊さん
凄いなほんと
こういう話のために読んでるわ

442: 名無しの鬼殺隊さん
堕姫ちゃん可愛すぎい
仲間にならないかなぁ^^

445: 名無しの鬼殺隊さん
戦いの中で過去の断片を積み重ねてるからから唐突感が無い
no title

447: 名無しの鬼殺隊さん
じっくり仕込んで来てるからズッシリくるわ

448: 名無しの鬼殺隊さん
今回の回想も本当に台詞回しが秀逸なんだよな
この世にある罵詈雑言は全て俺のために作られたようだった
とかってここまで酷い境遇でなくとも一度はそんな気持ちになった人って割と現代にも居ると思う

449: 名無しの鬼殺隊さん
先週→まだ生きてるのに焼かれたwwwwww
今週→まだ生きてるのに焼かれた……………
no title

458: 名無しの鬼殺隊さん
>>449
あー……
no title