259: 名無しの鬼殺隊さん
猪が生きていて少年マンガだなあと思った
no title

264: 名無しの鬼殺隊さん
痩せ我慢で即死級の毒我慢できんのかよ
長男も本来即死じゃねーのか?

こう言うのは今後しのぶの毒の説得力にも関わるからやっちゃダメ
このマンガの毒なんてその程度のもんだからね!って作者自信が言っちゃってるよ

266: 名無しの鬼殺隊さん
呼吸で毒の巡りを遅らせてるってのはあるのでは?
炭治郎も毒自体の影響は受けているみたいだな

272: 名無しの鬼殺隊さん
何回も言われてるけど即死とは一言も作中で書かれてないからね
即死なら最初に宇髄さんに攻撃当てた時点で勝利宣言するから
お兄ちゃん陰湿だから毒で弱って苦しむ様を見るのも楽しみそうだし
それでも耐性がなきゃ10分とか保たずに死ぬレベルではあると思うけど

278: 名無しの鬼殺隊さん
まあ確かにこれで猪頭少年は他二人より長期離脱しないと茶番になっちまうな
できれば花京院が如くしばらく後に何かしらの成長して合流してほしい
no title

282: 名無しの鬼殺隊さん
>>278
他二人も十分重症だから同じくらいでいいんじゃない?

296: 名無しの鬼殺隊さん
全隊員に内臓ずらしの技術教えた方がいいぞ産屋敷

306: 名無しの鬼殺隊さん
>>296
内臓ずらせる程の身体の軟らかさかは伊之助の生まれつきのものであって訓練でできるようになるわけではないと思う

311: 名無しの鬼殺隊さん
そもそも柔軟だから心臓動かせるってのが意味不明
no title

354: 名無しの鬼殺隊さん
>>311
柔軟性とは関係ないけど内蔵を動かすって技術自体は漫画だとたまに出てくる

324: 名無しの鬼殺隊さん
心臓を避けた件については、鬼も妖怪も出てこないリアル系格闘マンガでも前例があるから特に違和感はないな
no title