294: 名無しの鬼殺隊さん
あんだけ派手派手言ってたくせに
ひっそりと地味に死んでて
威勢いいだけの雑魚呼ばわりされてるからなww
死んだとみせかけてこっから反撃くらいせんとダサすぎんぞ
no title

301: 名無しの鬼殺隊さん
>>294
強さというものは
肉体に対してのみ使う言葉ではない。
宇髄天元は弱くない
侮辱するな!

352: 名無しの鬼殺隊さん
>>294
安心しろ
血流再開してて剣握っててタイミング計ってるから
派手柱の再起動と活躍は確定済みだ

295: 名無しの鬼殺隊さん
頼みの綱の妹は力を使い果たし兄は罵声浴びせられる…
人間時代の鬼兄妹も同じなんだろうなと思えてきたよな

296: 名無しの鬼殺隊さん
雪景色に佇むねず子の美しさ
「現とは儚き幻と為り散る」
no title

298: 名無しの鬼殺隊さん
獣の呼吸ではあの世界じゃ生き残れないってことなんだな

300: 名無しの鬼殺隊さん
先週の堕姫首斬りからこんな展開は想像しないよなあ
あんなイケイケだったのに・・

302: 名無しの鬼殺隊さん
炭治郎は強くなるために一歩一歩頑張ろうとしてるのに
展開自体が「はよ強くなんないと守れなくなるぞ」
って炭治郎を虐めるんだもんなあワニ

303: 名無しの鬼殺隊さん
あんだけ絶望的な状況でも折れない炭治郎は心の炎は決して消えないって感じがして良かったけどね
というか準備してたって事は判断が早くなったなこの長男
no title

304: 名無しの鬼殺隊さん
天さんこれ流石にヤバイよなぁ
アニキとの差別化のためにもせめて相打ちには持ち込んで欲しい

305: 名無しの鬼殺隊さん
折れてる炭治郎でも大丈夫ってことか

306: 名無しの鬼殺隊さん
いやー面白いすねやっぱ
少年漫画でこの絶望感はクレイモアの北の戦乱以来かもしれん

307: 名無しの鬼殺隊さん
なるほど、天さんは心臓の鼓動を消す薬を半分だけ飲んでたわけだな

308: 名無しの鬼殺隊さん
本当ここにきてのこの展開は神
恐ろしくなってくるわワニの才能が
no title