357: 名無しの鬼殺隊さん
大分前のスレで誰かが滅の文字には水(さんずい)と火の文字が含まれてるから
水と火を使うみたいなこと言ってたけどまさかその通りになるとは
no title

479: 名無しの鬼殺隊さん
>>357
水と火と戌の字が入ってるから獣の呼吸も習得するんですね分かります

358: 名無しの鬼殺隊さん
継子って現役の柱の弟子で将来の柱候補でたぶん柱になりやすいんだろうけど
音恋蟲霞等基本の呼吸以外の流派からの柱が半分近いのって
別に継子じゃなくても実力さえあれば柱候補にノミネートされるよな

360: 名無しの鬼殺隊さん
>>358
霞みたいに2ヶ月で柱まで上り詰めた化物とかおるしな
あいつなんなんだマジで誰かの継子なのかな
まだ分からんが霞の呼吸を自分で作ったんだとしたら天才すぎる

364: 名無しの鬼殺隊さん
>>360
風の派生だから育手が風だったんかね
現風柱とはあまりに違うタイプ
no title

377: 名無しの鬼殺隊さん
>>360
煉獄さんの『呼吸と刀の色講座』で霞は白色って言われてた
前後の刀の色と適性の話から考えて、白い刀の剣士は霞の呼吸に適性がある、ということだと思われる
しかし霞の剣士が時透だけだったら「白い刀の剣士が霞の呼吸に適性がある」のか「時透が自分の身体に合わない呼吸で柱になってる化物」なのか判断がつかない
なので、時透以外にも霞の呼吸が身体に合ってた白い刀の剣士がサンプルとして存在する可能性が高いと思う

煉獄講座で恋の呼吸や音の呼吸のことには触れもしないのに霞のことだけ触れたのは、霞の呼吸が基本五呼吸に次ぐくらい歴史の長い呼吸なのではないか
……まぁ時透がテキトーに師匠の教えを改造したらいつの間にか霞の呼吸になってたってのも面白そうだけど

363: 名無しの鬼殺隊さん
柱って別に人数に制限がある訳じゃないみたいだから。
相応の実力さえあれば、新しい呼吸でも柱が増える可能性もあるんじゃないのかね?

365: 名無しの鬼殺隊さん
>>363
人数は9名なんじゃね
「"柱とは"鬼殺隊の中で最も位の高い"9名の剣士である"」
ってナレで言ってるし
御館様の「顔触れが変わらずに」って言い方も

366: 名無しの鬼殺隊さん
人数制限なのか
何かしら柱の条件を満たせば加入できるのか
同じ呼吸の奴とか入れるんかね
no title

369: 名無しの鬼殺隊さん
>>366
確定まではできないけど人数決まってないなら顔ぶれが変わってないって言い方には普通ならないと思う
誰も欠けてなくてうれしいだったら9名とは限らないのと思うが

373: 名無しの鬼殺隊さん
>>369
別に人数制限なんてなくね?顔ぶれが変わってなくて良かった=誰も死んでなくてよかった。
“欠けて”とか否定語使わない方が感じがいいからああいってるだけ。今のとこ9人のままってって事だと。
9人制の人数制限がある方が不自然。条件クリアの超優秀な人間がいれば増えるだろうけど、なかなかそんなのでてこないんだろ。

367: 名無しの鬼殺隊さん
八方と真ん中を合わせた「九」って数は昔から色々なもののモチーフにされてきたし
まして「柱」って名前なら9人かなあと思ってる
no title