173: 名無しの鬼殺隊さん
炭治郎 呼吸だ 息を整えて ヒノカミ様になりきるんだ
no title

175: 名無しの鬼殺隊さん
>>173
今回の変化、怒りでヒノカミ様になったりして

184: 名無しの鬼殺隊さん
>>175
今回随分ヒノカミ神楽の呼吸使ってるし
なんかそれ系の例えばカグツチとか出てくるかもだ

176: 名無しの鬼殺隊さん
炭治郎も人間やめちゃうのか

ヒノカミ様ってなんだろうな

178: 名無しの鬼殺隊さん
炭治郎と作品の傾向から怒りでパワーアップよりも怒りでいつも以上に無理する方向になりそうな気がするけど
何度も予想裏切られてるからな……
no title

180: 名無しの鬼殺隊さん
これ炭治郎覚醒の流れかな

181: 名無しの鬼殺隊さん
覚醒というより闇堕ち(?)方向な気がする
一時的にパワーアップするけど直後に身体にヤバイレベルの負担が掛かって生死の境を彷徨う的な

・・・ゴンさん?

182: 名無しの鬼殺隊さん
炭治郎が赫灼の子というのも忘れがちだが大きなポイントのひとつ
もともと髪や目に赤色がまじってる
赤色というのは夕日や炎の赤でもあるが血の赤でもある
同じようにヒノカミ神楽にもふたつの側面がある

183: 名無しの鬼殺隊さん
覚醒というか暴走しそう
体の負担が大きいから神楽を使えないのだとしたら、その負担を無視したらとんでもないのでは??
肺が破裂しようが、体がどうなろうがお構い無し
で、それを禰豆子or宇髄さんが止めると予想
no title

187: 名無しの鬼殺隊さん
>>183
その時に力を発揮した炭と善、猪、宇髄が堕姫を斬る(又は逃がす)で、彼らの実力が柱達に認められる
→炭療養中、ヒノカミ神楽とは何かという話なる。
→完治後、日の呼吸修行編になる
って流れになりそうだな

191: 名無しの鬼殺隊さん
ほとんどの呼吸は日の呼吸から派生している
ほとんどの鬼は無惨の血から派生している
程度の差は大きく違うが両者ともその目的は肉体の強化である
そしてこのことから日と血が対になっていることが分かる
ではこの日と血(緋色)はどこから生まれたのか
ヒノカミ神楽にそれぞれの条件をプラスしてそれぞれに分派したものである
だから無惨は鬼の中で唯一鬼を殺すことができる

本来炭治郎はヒノカミ神楽に何らかの条件を加えて日の呼吸へ進化させるべきだったんだが
逆にヒノカミ神楽に鬼になるための条件を加わえてしまったので鬼化が始まっている

193: 名無しの鬼殺隊さん
>>191
ヒノカミ神楽は神楽って言うくらいだし日の呼吸の型を舞に落とし込んで継承されてきたものだと予想

順序的にヒノカミ神楽が生まれたのは日の呼吸の後だと思う

197: 名無しの鬼殺隊さん
同一起源説は面白いしなるほどーと思う
アホな俺の代わりに禰豆子の不完全鬼化の謎も組み込んで仮説構築してほしい
no title