23: 名無しの鬼殺隊さん
義勇:主人公が手も足も出なかった累を瞬殺
煉獄:主人公が解除した術にかかりっぱなし、結果列車が乗っ取られ乗客たちに怪我人多数
宇髄:優秀なくノ一たちが潜入失敗したところに素人を潜入させる
その素人が同じように拉致られてようやく反省
上弦がいるかもしれないと言ってるのにここまで自分では情報収集した描写無し
上弦がいるかもしれないと言ってるのに一人で突っ込もうとする

同じ柱のはずなのに描写に差がありすぎるんだよなぁ
no title

46: 名無しの鬼殺隊さん
柱だってそれぞれ得手不得手はあるだろうし現状百年上弦を倒せてなくて半年に一回
ぐらいはやられるんだから欠点やミスもあって当然だと思うんだがスーパーマンみたいに
活躍してないと気がすまない人がいるよな登場人物はキャラ萌えのためにいるわけじゃない

47: 名無しの鬼殺隊さん
>>46
そりゃ現実に生きてる人間だったら得手不得手も不調のときもあるかもしれんが、創作物において断りもなくそれを描写するのは違うんじゃないか

49: 名無しの鬼殺隊さん
>>47
断りもなく?創作物だからこそ作者の考えた性格能力によって
動くし欠点も間違いも描写されて当然なんだが

59: 名無しの鬼殺隊さん
>>49
作者の考えてるように描写されるってのはそのとおりだと思う

ただ性格能力などの設定が作者の中で練られてるとしても、描写されなければ読者にとっては存在しない設定となるのでは
no title

61: 名無しの鬼殺隊さん
>>49
言葉足らずだったかもしれん

ミスや失敗に至る、天元の性格の粗などが伏線として描写されてたならよかったんだが、それがない以上たとえそういうキャラ設定が作者の中でされてたとしても一般読者は「期待してた割に無能やんけ!」となるってこと

67: 名無しの鬼殺隊さん
>>61
伊之助の死んでんじゃねぇの発言後の無言腹パン。
嫁ズ手紙の忍んでこい表記。
これは欠点あるよの伏線にならん?

54: 名無しの鬼殺隊さん
とりあえず堕姫ちゃんの異能が血鬼術なのか術式展開なのか気になる

56: 名無しの鬼殺隊さん
まきを拘束シーンで唇のアップがあったけど、あれは帯も体の一部=戸愚呂兄のように急所を帯に移動できる とかいう伏線だったり?
くびをはねたぞ! と思ったら急所はそこじゃないから生きてるとか。今回で帯斬られて出血してたしなくはない …のかも

64: 名無しの鬼殺隊さん
蝶屋敷の子を無理やり連れて行こうとしてたり嫁に手紙で念押しされてたり
綿密に計画を練るタイプではないわな天元さんの本領はたぶん違うところに
あるんだろうと期待してる
no title