724: 名無しの鬼殺隊さん
音柱は元忍のくせに派手派手いってるのか
no title

729: 名無しの鬼殺隊さん
>>724
むしろ地味な忍時代のコンプレックスの表れでは

725: 名無しの鬼殺隊さん
しかも蝶屋敷の女の子連れてくならもっと静かに目立たずつれてけよ。
あんな騒がれて本当に忍だったのか?

727: 名無しの鬼殺隊さん
>>725
柱なら平隊員の動員は自由みたいだからまさか断られるとは思わなかったんだろう

733: 名無しの鬼殺隊さん
>>725
戦士である炭治郎の頭突きは華麗に避けてるのに、非戦闘員の女の子の突撃には捕まる
コレは矛盾している……「女の子に触ってほしくてわざと避けなかった」可能性が高い

つまり同様に、人さらいも女の子にキャーキャー言われたくて正面から行った可能性が
no title

769: 名無しの鬼殺隊さん
はい、もうこの一話で宇髄さん好きになりましたw(´・ω・`)

>>733
非戦闘員には手を出さないとかそういう男らしさでお願いしたい(´・ω・`)

726: 名無しの鬼殺隊さん
宇随さんの日輪刀でかいし幅も広いな
あれがサラシ巻いただけの抜き身とするともはや日本刀というより青竜刀に近いし鎖で繋いでるわで中国拳法まで絡めてきそうだ

728: 名無しの鬼殺隊さん
派手柱さんの背中の2本の刀は派手な飾り
日輪刀は別である
元忍に似合うような短刀的なやつ

731: 名無しの鬼殺隊さん
宇髄さん宝石ジャラジャラなのは忍び時代と柱で相当稼いでたんだね
炭治郎は感情に素直すぎるきらいがあるね
善逸ははまだ自分が強いことに気づけていないのかな、まああんだけ強い煉獄さんも死んでしまったんだから少しぐらい強いと思っても恐怖は拭えないのかも
no title