174: 名無しの鬼殺隊さん
血鬼術で作られた毬だから斬ると赤く散ってくのいい演出だ
てか地味な避けるシーンが動きが付くことでこんなカッコいい場面になるとは思わなかったわ
no title

177: 名無しの鬼殺隊さん
目を開くと矢印発生なら感覚的に分かるが閉じると発生なのがちょっと不思議

184: 名無しの鬼殺隊さん
手毬鬼と話すときわざわざ手のひらを向けなきゃ目を合わせられないの不便そうだった

>>177
目を開けてるときに視線で矢印の向きを設定して目を閉じたら矢印と目との接続が切れて矢印がそのまま飛んでいくって感じかも

179: 名無しの鬼殺隊さん
おかしくね
ゆしろうおかしくね
脳がないのにどこで考えてんの
脊髄に脳があるのか

180: 名無しの鬼殺隊さん
>>179
欧米人にあなたはどこで物を考えますかって聞くと
結構な人数が胸を指すらしいぞ
つまり
no title

185: 名無しの鬼殺隊さん
血鬼術は人間時代の未練とか願望が反映されてるみたいだけど意図したものというよりは無意識でそうなってそうだからなあ

186: 名無しの鬼殺隊さん
矢印あっさりやられたなぁ。また復活するんだろうか。

188: 名無しの鬼殺隊さん
好きだったもの、欲しかったものが術になってるんじゃないかと思ってる

189: 名無しの鬼殺隊さん
おそらくだが
盲目だった→見える目が欲しい
潔癖症→なにものも寄せ付けない力が欲しい
ってのが合体したのが矢印の目なのかもな
no title

190: 名無しの鬼殺隊さん
手毬鬼ちゃんは貧しい生まれで綺麗な手毬で遊ぶのが夢だった、とか考えるとウッ(´;ω;`)

192: 名無しの鬼殺隊さん
特に9話がなんだけど、すごくテンポ悪くないか?動きが段取りっぽいし変な所でスローがかかってアクションがフンワリしてる。
台詞もダラダラ長いし。

194: 名無しの鬼殺隊さん
>>192
特にテンポが悪いとは感じないな
むしろ体感時間短い、あっという間だったという感想が多いのでかなり上手いほうだと思う。

196: 名無しの鬼殺隊さん
いや、スローは演出だろ。むっちゃかっこいいと思うんだが。
沼鬼の腕切ったときとか震えたわ
no title

198: 名無しの鬼殺隊さん
>>196
そのシーンかっこ良かったよね
あと矢琶羽の頸切る前の突進&ターンとか何回も見返してしまう
動き細かすぎるわ炭治郎かっこいい

219: 名無しの鬼殺隊さん
ボスに近くおそらく強いであろう鬼の一体に向かってねづこを単独突入させるって違和感だな
ねづこを救う物語でないのかよ リスク取らせすぎだろ

222: 名無しの鬼殺隊さん
>>219
鬼同士の戦いはまず死なないからな
それでも、毬の強襲には再生できない人間の炭治郎が禰豆子を庇うくらい大事にしてる
no title