593: 名無しの鬼殺隊さん
前半で鱗滝さんが炭治郎を案じて豪華な食事を振る舞ったのはアニオリだね
修行は厳しいけど本当に優しい人なんだよなあ
no title

611: 名無しの鬼殺隊さん
>>593
原作に忠実にやりながらああいうちょっとしたアニオリ挟むスタイルはいいね

629: 名無しの鬼殺隊さん
>>593
地味なところで錆兎の顔パンも原作には無かった気がする

632: 名無しの鬼殺隊さん
>>629
頭潰される絵はなかったけど宍色のガキみたいに頭潰したる!って手鬼が考えてたような気がするんだが

644: 名無しの鬼殺隊さん
>>632
そうなんだけど実際に描写までは無かったよねって話よ
no title

599: 名無しの鬼殺隊さん
サビト達は幽霊なんだろうけど
炭治郎にしか見えないの?普通に死んだ人も霊体になって出てくる設定なの?

614: 名無しの鬼殺隊さん
>>599

天狗と戦ってたら大岩を切っていたという一刀石の伝説と狐につままれたの合わせ技オマージュで別に幽霊が普通に見える世界ではないよ

620: 名無しの鬼殺隊さん
確かに平成初期に閉じ込められて、30年くらい経ったかなと思ってたら「今は令和です」と言われたらショック受けるわな

624: 名無しの鬼殺隊さん
>>620
それはつれーわ
no title

621: 名無しの鬼殺隊さん
異形の鬼の動くと気持ち悪さがすごかった
炭治郎の怒りの表情とか細かいとこは原作の方が好きだけどほぼ原作通りアニオリ補完あり戦闘シーンすごいで文句ないわ

630: 名無しの鬼殺隊さん
うっとりするくらい藤が綺麗だったから手鬼のビジュアルとの落差が強烈だわ
エフェクトの感じが大神感あって好き

633: 名無しの鬼殺隊さん
生き延びればいいだけなら一緒になって固まってればいいのでは?
だいたい逃げ回ってるモブ達なんであんなしょうもないくらい弱いの?岩切ったんじゃないの?

639: 名無しの鬼殺隊さん
>>633
あの時点で鬼を倒せるのは天才だけだ
炭は天才じゃないけど過保護に他の隊士より長く修行したから鬼をなんとか倒せる
no title

640: 名無しの鬼殺隊さん
>>633
天下一武闘会の予選みたいなもんじゃね

642: 名無しの鬼殺隊さん
>>633
言い方悪いかもだけど友達とかじゃなきゃ信頼できないし犠牲になってもどうでも良いんじゃ?
実際モブは助けてもらっといて囮にして逃げたし

643: 名無しの鬼殺隊さん
>>633
岩切るのは鱗滝さん流なだけで他も同じやり方というわけじゃないよ
教え方は育手の数だけ色々ある
ちゃんと本格的に教えてる人も入れば護身術程度のことしか教えてない人もいるだろう

645: 名無しの鬼殺隊さん
>>633
そもそも藤の花が咲いてる試験範囲ギリギリのところでコソコソしてたら安全だと思った
岩を斬るのはあくまでも鱗滝の教え方であって他所の師匠が同じことやらせてるわけじゃない
no title

646: 名無しの鬼殺隊さん
>>633
鱗滝さんが最終試練行かせたくないから岩斬れっつっただけで別に皆がやってるわけじゃない
任務は基本的に1人だからそんな風に最終試練突破したところで実際の任務で死ぬだけ

736: 名無しの鬼殺隊さん
>>646
錆兎も岩を斬ってるし炭治郎は”誰よりも”硬く大きな岩を斬った漢だし
鱗滝は昔から岩を斬るのを最終選抜を受ける必須条件にしてたっぽい
ただ炭治郎にはもう弟子を最終選別に送る気がなくなってたから到底斬れるはずのないレベルの岩をあてがった

647: 名無しの鬼殺隊さん
>>633
育手がどの時点で最終選抜に行かせるかによるのでは?
炭治郎はいわば無茶振りだった岩切りをやれるレベルになってたわけだしね
no title