435: 名無しの鬼殺隊さん
先週に引き続き熱い、熱すぎる!

双子の兄貴がしんだり、記憶を取り戻して覚醒するのも漫画ではよくある展開。
しかしそれを感じさせず引き込ませるのは、ワニ先生のセリフの挿入のタイミング、演出が完璧だからと思う。

とりあえず痺れ毒も忘れてないで良かったw
no title

436: 名無しの鬼殺隊さん
こんなんもう主人公やん

一瞬で柱を人気キャラに引き上げる鰐先生すごすぎない

437: 名無しの鬼殺隊さん
この作品がそういうテーマなんだろうけど
さすがに兄弟関連のエピソードが多すぎて

438: 名無しの鬼殺隊さん
まぁ当時はまだ田舎は子だくさんが普通だったとは思う 色々対比させたいから他の漫画より血縁ネタが多くなっちゃうんだろうなw

439: 名無しの鬼殺隊さん
あえて懐かしい言い方をするなら、今週はめちゃくちゃピカピカしてた。ヒノカミ神楽の回に劣らない熱量
no title

440: 名無しの鬼殺隊さん
痣が現れたコマ、鳥肌モノでしかない

441: 名無しの鬼殺隊さん
キョーダイネタというか血縁が鍵でなければここまで血縁関係話が多くなかろうとうい気がし…

443: 名無しの鬼殺隊さん
お館様は日の呼吸の子孫に関しては情報持ってたみたいだが、ヒノカミに関してはどうなんだろう
義勇さんが炭治郎を助けたのは偶然だろうし

445: 名無しの鬼殺隊さん
表紙の二人の(時透父と炭治郎)あのそっくりっぷりは
明らかに時透家と竈門家が親戚であることを示していると思われるが
だったら日の呼吸の子孫である時透家の親戚である竈門家も
なんやかんやで日の呼吸の子孫でしたということになるのでは?
竈門家にのみ神楽や耳飾りが伝わっていることや
竈門家と時透家の関係云々はこれからやるだろうから
まあ楽しみにはしておく
no title

446: 名無しの鬼殺隊さん
兄の心の内がすごく伝わってきてウルッとした
今回のような描写が本当に上手くて
個人的にはこういう回が一番好きだし惹かれるし興奮する

447: 名無しの鬼殺隊さん
日と霞、この二つの呼吸は双子によるものなのかな?
記憶のない無一郎が有一郎のように振る舞っていたのは、無一郎の中に有一郎も存在しているのだろうか
もしそうなら無一郎には合理主義な毒舌キャラでいてほしいから、有一郎はそのまま居座ってくれw

469: 名無しの鬼殺隊さん
>>447 >>456
どゆこと?
霞は風からの派生だから別に日の呼吸とは関係なくないか?
偶然習得ていした呼吸が霞でしたってだけで

473: 名無しの鬼殺隊さん
>>469
いや別に深い意味はないよ
霞でぐぐったら朝焼けや夕焼けの事を霞というそうだから
no title