951: 名無しの鬼殺隊さん
若者たちがヒィヒィ泣き叫んで逃げる爺さんをいたぶってるのを見かねて
お前らいくら何でもそれは鬼畜の所業だと割って入る子供
そんな子供に対してうるせー悪いのはそっちだボケ絶対ぶっ殺すと睨みつける若者

あ こりゃ極悪人だわ
no title

954: 名無しの鬼殺隊さん
雑魚を一掃する恋柱!の描写はとっくにやってるわけだから
本当は恋柱を(戦力として)もっと有効活用すべきなんだが
未だにどちらの戦闘にも参戦してないという

読者は『柱同士の連携』が見たいのに作者はむしろその展開を避けようとしてる印象

960: 名無しの鬼殺隊さん
>>954
順番にやってんだから大人しく待ってなさいよ
天狗片付いたら霞柱と恋柱が合流して水牢から脱出するところ位から時間遡ってやってくれるでしょ

956: 名無しの鬼殺隊さん
炭治郎も村人と離れたんだから引きつつ無一郎と合流しようかとかちょっと考えるべきよね
今回はそれやると上弦合流されて詰みそうだけど

958: 名無しの鬼殺隊さん
>>956
どう考えてもそんな余裕まったくないだろ…
no title

974: 名無しの鬼殺隊さん
喜怒哀楽の諸君!合体だよオオオオオ!

975: 名無しの鬼殺隊さん
見開きの 極悪人共めが と ひいいいい の対比いいよね
同一人物だというのがまた

976: 名無しの鬼殺隊さん
こういう場面で言いくるめられそうなのをふざけんな馬鹿野郎する主人公さすがですわ

979: 名無しの鬼殺隊さん
>>976
鬼の傲慢さ卑劣さ臆病さを堂々と体現する憎さんもいい仕事してる

悪人と悪鬼の対比もいいな
no title

978: 名無しの鬼殺隊さん
半天狗さんは無惨様のパワハラを受け流している内にあそこまで強くなれた説。
無惨様の人材育成パネェ

981: 名無しの鬼殺隊さん
>>978
パラハラで苦しむアカザさんとパワハラで強くなる半天狗さん
社畜としての変態度で差がついたのか

980: 名無しの鬼殺隊さん
>.976
単純に優しいだけの主人公なら
自分たちも悪いのか…鬼には鬼の理由が…うーんとか呑まれてしまいそうだけど
炭治郎の誰かに対する思いやりは半端なものじゃないから
それを理不尽に傷つけられて一方的な被害者ぶるような事を言われたら
お前らの勝手な理屈なんか通らねーんだよ俺はこっちを守るとハッキリ言えるのがいい

そしてそこまでやってもやっぱり鬼が滅ぶ時は心を痛めるという人間性がいい
no title