504: 名無しの鬼殺隊さん
アカザ殿への当たりのキツさはたぶん浅草で近くにいなかったこと根に持ってるんだろうな
上弦も下弦もすぐ呼べる場所にいなかったから手鞠と矢印みたいな雑魚に血を分け与えてまで殺させようとしてた
no title

507: 名無しの鬼殺隊さん
個人的に参より下は実力どっこいじゃねーかなと思うわ
よくあるじゃん?四天王でも三人目から格が違うみたいなの

508: 名無しの鬼殺隊さん
猗窩座!
 猗窩座!
  猗窩座!

無惨様の名前連呼の圧倒的ブラック感すき

510: 名無しの鬼殺隊さん
冷静に考えると煉獄さんと同程度って弱すぎる気がする。

511: 名無しの鬼殺隊さん
>>510
煉獄さんは強いんだ!
no title

516: 名無しの鬼殺隊さん
>>511
炭治郎かわいい

520: 名無しの鬼殺隊さん
>>510
歴代柱誰一人アカザを倒せてないんだから弱すぎるはない
アカザよりも下の上弦はアカザよりも強さや実績は下と無惨様自ら認めてるんだろ
嫌ってそうなアカザを上弦参と認めてるわけだからな
響凱みたいに剥奪されてないわけだしな

529: 名無しの鬼殺隊さん
アカザVS煉獄さんって、伍の型の炎虎を使ってぶつかって、次週に目が潰れてアバラも折れてたけど、あれって炎虎の直後じゃなくて時間は飛んでるよね?
炎虎のあとにもけっこうな攻めぎ合いがあって(夜明け前まで)ジワジワ削られていったという風に解釈してたんだけど。

540: 名無しの鬼殺隊さん
>>529
そらそうよ
no title

530: 名無しの鬼殺隊さん
なにが言いたいかというと言うと、結局上弦の一番厄介なのは超再生能力ってとこ、柱でも技が上回っても持久力で負けてしまうという構図が全てかな。
半天狗戦は主人公だから描写を省かずにその削られていくところを描いてるけど、10週くらい読み飛ばしてみてみたら、鬼はノーダメなのに人間側はボロボロになってて煉獄VSアカザみたいな図になってるなと思って。

531: 名無しの鬼殺隊さん
アカザが夜が明けるのを忘れて楽しんでるから
長時間戦っていたと解釈してる

532: 名無しの鬼殺隊さん
炭治郎が列車から放り出された時点で夜明けが近いって言ってるんだから
あのバトルは短期決戦だったと解釈してるけど

533: 名無しの鬼殺隊さん
短時間長時間でも色々解釈わかれるけど
1時間ぐらいは戦ってたんじゃね?
例えば夜明け10分前に来てしとめきれなくて
逃げたならあまりにもアカザが馬鹿すぎて
そもそもアカザはあの場になんで現れたのか?
偶然なのか無惨様の指示だったのか?
何が目的だったんだろ

534: 名無しの鬼殺隊さん
>>533
パワハラ回で「お前を行かせたのに」って言ってるんだから無惨様の指示でしょ
その指示が仮に夜明け10分前だったとしても「いや時間ないですし」とは言えない鬼の哀しさ
no title