★姉妹サイト★
    ワールドトリガーまとめ
    http://worldtriggermatome.ldblog.jp/
    僕のヒーローアカデミアまとめ
    http://heroacamatome.ldblog.jp/
    ワンピースまとめ
    http://onepiece.weblog.to/

    218: 名無しの鬼殺隊さん
    結局緑壱が炭吉に手取り足取り教えたのではなく
    見て覚えて伝えたなの?その場合いくら動いても
    疲れない息の仕方はどうやって覚えたんだ?
    no title

    222: 名無しの鬼殺隊さん
    >>218
    それは竈門家が400年の間舞い続ける中で独自に身に着けたもんじゃない
    縁壱はそもそも疲れないっていう規格外だし
    縁壱の同時代の隊士達が1世代では習得が無理だったってだけでは

    【【鬼滅の刃】どうやって覚えたんだ?】の続きを読む

    146: 名無しの鬼殺隊さん
    黒死牟の月エフェクトについては20巻のオマケでちゃんとあれは血鬼術だって(できれば技名も明して)確定させて欲しい
    no title

    152: 名無しの鬼殺隊さん
    >>146
    血鬼術なら血鬼術で兄上は少女趣味だったんですねと思ってしまいそうで

    【【鬼滅の刃】黒死牟の月エフェクトについて】の続きを読む

    116: 名無しの鬼殺隊さん
    縁壱も無惨の血鬼術は見て無いからな
    十三の型の円環の舞ってブンブンを延々夜明けまで切り刻む技だろうし血鬼術発動された場合を考慮に入れてるとは思えんよね
    no title

    118: 名無しの鬼殺隊さん
    >>116
    でも術っていってもあの有刺鉄線みたいなやつだろ
    今の腕ブンブンと大差ないし…

    【【鬼滅の刃】縁壱も無惨の血鬼術は見て無いからな】の続きを読む

    64: 名無しの鬼殺隊さん
    義勇さんも片腕無くしたから無一郎みたくあの世行きだろうし
    岩も痣出したし片足無いから夜明け前には死にそうだし

    派手柱はマジでタイミングよく前線離れたよな
    no title

    65: 名無しの鬼殺隊さん
    >>64
    冨岡は派手柱ほどじゃなくても体格割とあるからすぐ止血すれば助かるんじゃね

    【【鬼滅の刃】派手柱はマジでタイミングよく前線離れたよな】の続きを読む

    32: 名無しの鬼殺隊さん
    19巻読んだが実弥の戦いかたがかっけえ。強さのバランス意外と取れてるんだな。
    岩→武器や肉体、経験すべてにおいて洗練されてる
    風→年齢も最盛期、戦闘も経験豊富
    霞→才能はあるものの柱としてまだ経験が浅いて感じ
    no title

    33: 名無しの鬼殺隊さん
    同じ柱なのに無一郎がしゅんころされて風はねばるけどやられて岩は普通に戦えるって
    バランスおかしくない?顔の偏差値的に

    【【鬼滅の刃】19巻読んだが実弥の戦いかたがかっけえ】の続きを読む

    23: 名無しの鬼殺隊さん
    縁壱「剣技なんて見たただけで覚えれるぞ」
    カナヲ「呼吸なんて見たただけで覚えれるぞ」
    伊之助「型も自分で簡単に作れるぞ」
    縁壱・カナヲ「確かに」

    no title

    28: 名無しの鬼殺隊さん
    >>23
    お父さんの見取り稽古1回で透き通る世界に入れた炭治郎はそちら側なんだぞ

    【【鬼滅の刃】お父さんの見取り稽古1回で透き通る世界に入れた炭治郎はそちら側なんだぞ】の続きを読む

    87: 名無しの鬼殺隊さん
    地獄を見るってもうねずこか義勇さんどっちか確実に死にそうだね
    no title

    114: 名無しの鬼殺隊さん
    >>87
    ジャンプ主人公は誰かが死なないと覚醒しにくいしね

    【【鬼滅の刃】地獄を見るってもうねずこか義勇さんどっちか確実に死にそうだね】の続きを読む

    26: 名無しの鬼殺隊さん
    しかし今回の無惨の攻撃ってヒーラーアタッカータンクが完全に機能してボス相手にダメージ通り出したら
    ボスの攻撃パターンが変わって全体攻撃で全滅寸前って絵柄そのものだな
    no title

    45: 名無しの鬼殺隊さん
    >>26
    バイキルト、スクルト、フバーハバリバリでイキってたら凍てつく波動ってやつね。
    2回目の攻撃でギャーっつってウインドウ・オレンジャーw

    【【鬼滅の刃】全体攻撃で全滅寸前】の続きを読む

    このページのトップヘ